シロクマのぐうたら投資日記
ヽ(・∀・)ノとかヽ(´π丶)ノとか(ノ`△´)ノとか・・・ そんな感じで取引しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月22日から呼値の変更

無題

興味の無い価格帯だからどうでもいいけど、デイトレとディーラーは嫌がるだろうね。


環境関連がテーマっぽいのにNPCや風力開発は動かないし円安=指数銘柄のEPS上昇によるPERの低下で上がると思ったのに下落。ファンダで動いてる相場じゃないっぽいから割り切りで売買できない人は3月までの相場と同様苦労するかも。信用取組は悪くないから下げても瞬間13000割れだと思うけどね。


今日の後場はあのあと取引せずノーポジ。


(追記)
[鉄鋼関連 NEWS HEAD-LINE]
 新日本製鉄が10日発表したときわ会のH形鋼流通在庫実績によると、5月末の全国在庫は前月末比4・3%増の21万8800トンとなり、6カ月ぶりに増加に転じた。実需レベルが低いなか、メーカーの供給量はいぜん低いものの、1―3月の需要前倒しによる反動で荷動きが減少したことが影響した。

 在庫率は前月の1・62カ月から1・87カ月に上昇。また、新日鉄では「在庫レベルは適正化しつつあり、市場の過熱感は薄れてきた」との認識を示した。


これは鉄だけど、非鉄金属は終わってると思う。円107円台でCMEに動きなし。今月18日までに指数が宵の明星を越えられなかったらダメなんじゃない。


(追記)
経済産業省の北畑隆生事務次官は9日の記者会見で、原油高騰で途上国や国内の運輸や農漁業者が苦境に陥るなか、「投機筋など金融関係者は巨額の利益を得ている」と批判。「3週間前の会見では割り切れないと言ったが、今や怒りに近いものを感じる」と述べ、怒りの矛先を米系証券大手の投資行動に向けた。


 ゴールドマン・サックスは5月、国際指標である米国産WTI原油の先物価格について、08年下半期の予測を1バレル=107ドルから141ドルに上方修正。5日後、初めて130ドルを突破した。モルガン・スタンレーは今月5日発表のリポートで、7月上旬に150ドルまで上昇する可能性を示唆。6日の相場は140ドル近くまで急騰した。


 北畑次官は、両社の行動を「投資して有利な情報を流している」と疑問視。「何でももうければいいというウォール街の資本主義の悪い面が出ている。経産省は基礎的な価格水準は60ドルと言い続けたい」と力説した。


このバカまだ居たのね。スペインで暮らしたいのなら早く日本から出て行って欲しい。ド高値で不動産掴んでブーブー言うんだろうけど(笑)

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

シロクマ

  • Author:シロクマ
  • 株・先物・オプション・商品・為替・外国株・・・何でもやるけど昼寝が大好きな自称トレンドフォロアー
    今は日本株のみ
    よろしく( ̄(エ) ̄)ノ

 

カブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ検索

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。